一人暮らしの手料理、カレー作りの3度目の失敗談

一人暮らしを続けて、約15年。
それまでに手料理という手料理は、
数えるぐらいしか作った事がありません。

その中で、一番作ったことがあるのが、カレーです。

カレーといえば、家庭はもちろんの事、
お手軽に出来るため、キャンプなどでもよく作られる料理だと思います。

その為、基本カレールーを入れれば、
子供でも失敗は無いと言われる料理です。

それを私は3度失敗しました。

どのように失敗したか?

まず1回目は、カレーが粉っぽい出来になってしまいました。
おそらくカレールーを溶かすのが不十分だったか
もしくは水が少なかったかで、
食べれなくは無かったですが、口の中の後味が悪かった記憶があります。

次に2回目は、カレーの味が薄い出来になってしまいました。
前回の失敗から、水を多めに入れすぎた為だと思います。
でも、これは単純にカレールーを足せばよかったのですが、
カレールーの残りが無く、
結局カレースープ的な感じで食べました。

そして最期3回目は、カレーが妙に酸っぱい味になってしまいました。
これが一番謎なのですが、おそらく炒める際に、野菜を早く柔らかくしようと
お酢を加えたのが、悪かった気がします。

さすがに3回めもあって、味は悪くなかったのですが、
妙に後味が酸っぱく口に残る感じでした。

そんな3回目の失敗から、
自分に料理の才能が無いと思い、
それ以来、作っていません。キレイモ 9500円 無料