先の展開がなかなか読めない小説はやはり面白い

今読んでいる小説は、中村航さんの「リレキショ」なのですが、これがなかなか面白そうです。まだ3分の1も読んでいないのですが、全く先の展開が読めません。そうなってくるとこの先どう展開していくのか、気になって読み進めてしまいます。小説の面白さには、なかなか話の全容がわからない、結末が見えてこないというのもあると思います。あまりに展開がわからず、複雑化してしまうものは論外ですが、何で、どうしてが程よく繰り返される小説は面白いものです。今回の「リレキショ」もまず主人公が何者なのかがほとんど説明されないまま話が展開していきます。いろいろな状況から読者が何者かを想像しながら読み進めていくようなスタイルになっています。こういった形の小説は私自身初めて読むのでなかなか面白と思っています。小説を多く読んでいると全くの主観ですが、いいもの、悪いものいろいろなものに出会いますが、今回のリレキショはこのスタイルだけで個人的にはいいものだと思います。この先が楽しみです。利子安い キャッシング