インスタントラーメンに入れる具材について

肉野菜炒めを別に作って出来たラーメンの上にのせて食べる、こういう具ならもちろん美味しいでしょう。タンパク質や野菜も同時に摂れるし、栄養価も素ラーメンよりもずっと良さそうです。でも別に炒め物をするのは面倒です。フライパンを洗うので手間も増えます。それならラーメンを煮る時に一緒に野菜も煮れば、余計な作業も洗い物も出ないので楽な気がします。でも野菜炒めを作るほどの量の野菜を入れて煮てしまうと、スープの量は同じですから間違いなく味が薄くなり、不味くなってしまいます。ですから一緒に野菜を煮込むなら、量は少なめにすべきです。あとアクのある、例えばホウレンソウのような野菜もダメです。モヤシとかシメジとかが無難でお薦めです。
ネギも一般的にラーメンと相性の良い具材という印象があると思いますが、ネギって案外値段が高い。安価なインスタントラーメンの具にするために購入するのは、少し不経済かなという気がします。苦くて不味いネギに当たる事もありますし。
私の一番のお気に入りはコーンでしょうか。冷凍でも缶詰でも、コーンは水気を気にする必要がないので、相当量入れてもスープが薄まる事はないでしょう。他には、ワカメなんかもお薦めです。乾燥物でも塩漬けでも、戻すのは簡単です。戻したら、出来たラーメンにのせるだけです。コーンやワカメが入ると黄色と緑が加わるので、素ラーメンの状態よりもずっと美味しそうな仕上がりになります。脱ラボ無料カウンセリング

ホットケーキを変わった焼き方をしたら大失敗

昨晩ホットケーキを作っていました。
とは言っても普通の焼き方ではなくて、ホットケーキに絵を描く焼き方です。
この前テレビで放送されていたのですが、まずフライパンにホットケーキミックスで絵を描いて焼いて、その上から残りのホットケーキミックスを流して行くことで絵が生地にプリントされるというのが紹介されていました。
これで誰でも焼けるという風に紹介されていたのですが、これが大失敗してしまいました。
絵は写っていたのはいたのですが、濃くなっている部分と薄くなっている部分の差があり過ぎでした。
これはうちのがIHだから悪いのでしょうか?
そして上手に裏返しをすることが出来なくて絵が完全につぶれてしまい、一部分しか見えていませんでした。
それにホットケーキを焼くのは久しぶりだったので結構焦げてしまいました。
つくづく自分は料理が下手だなと痛感しました。
今回は小さなフライパンで作ってしまったので、次回は大きめのを使ってリベンジしたいと思います。
大きなフライパンで焼いた方が裏返しもしやすそうですからね。ミュゼ 100円 ネット限定

冬の空模様・朝晩の低温であたたかいお鍋がいい

季節の節目、立冬が経過したので空はうす曇り状態で気温は12℃、昼がこの気温だと朝晩は10℃以内という寒さ。
日ごろの省エネの習慣で冬ヒーターは控えていましたが、ダウンの衣類着てみてもさすがに寒さ感じるので、省電力のヒーターを使い始めました。

ヒーターは人工的ですが起動すると室内が暖まるのが早い、寒いけれど使う時間はピンポイント、冬の寒さは3月でもありと思えば数か月ですからこの時期は節約志向です。
室内暖房以外で暖かいのは食事、朝晩10℃以内という週末の寒さで夕食献立考えたのはお鍋、白菜やネギ、お豆腐とお肉はこの時期の常備としてあったのでシイタケを調達。

きのこ類は新品種など色々ありますが、値段と性質がプレーンで風味がいいのはシイタケですね、1パック購入しレシピとしては煮物や味噌汁の素材にも使えます。
シーズンの始めとして経済的な素材鍋ですが、材料基本でも味がベストで暖まればまずまずという献立、気持ちもほっとできればよいのだから。http://www.0141ichiba.jp/